消費者金融系カードローンのイメージは?

カードローン、特に消費者金融系カードローンというと、いいイメージはありません。よくテレビドラマなどでも、ヤクザのような怖いお兄さんが、玄関のドアを壊れるくらい叩いて「いるのは分かってるんだ!でてこい!」といったり、玄関に『金返せ!』、『ドロボウ!』というような貼り紙をたくさん貼る、というのを見たことがあるでしょう。また、会社に電話をかけてきて「おたくの○○さんがお金を借りて返さない」と言ってくるのもあります。実際、消費者金融で借入をすると、そうなると思っている人が実はまだまだ多いようです。

 

実際、こういった取り立てはありません。法律で強引な取り立てや嫌がらせなどは禁止されています。もしやってしまえば、法律違反で捕まってしまうのです。そのため、取り立てが怖いという事はないのです。

 

 

ただ、現実的には本当にヤクザ絡みの金融機関もあり、そういったところから借り入れをしてしまえば、もしかするとそういう怖い取り立てがあるかもしれません。そういう場合でも、警察に通報すれば捕まるでしょう。ただ、相手はヤクザですから、それで済むとは考えられません。そのため、どこから借りても怖い取り立てが100%ない、とは言い切れないのです。そういった取り立てが怖い人は、カードローンを持つな、という事ではありません。健全なカードローンの会社であればキャッシングはまったく心配ありません。融資の際も、返済できる範囲内であるという審査のもと行われますから、普通に生活していれば返済できるくらいなのです。

消費者金融系カードローン関連ページ

貸金業法
消費者金融の需要は
多重債務問題
サラ金
総量規制