消費者金融の需要はまたしても高まる

バブル期が過ぎて銀行は多くの不良債権を抱えてしまう事になります。同時に消費者金融の需要はまたしても高まります。銀行が貸してくれないからです。事業資金に困ったり給料が下がって困窮した人が消費者金融に行き、契約をする事が多くなりました。銀行の不良債権をどう処理するのかを、国会で議論されている頃、消費者金融は金融業界一人勝ちのように見えました。しかし、バブルの頃の思考が忘れられない一部の利用者が無理な融資を繰り返して多重債務化していきます。多重債務の破綻には一定期間が必要なので、事が判明するのには少し時間がかかります。程なく、そう言った人達の破綻が始まりました。本来はバブル崩壊と共に破綻していた人が消費者金融で生き延びていたのでした。こうして消費者金融にもバブルの影響は現れてしまいました。

 

 

しかし、もとより破綻する事を前提とした高金利の商売でしたので、少々の事では経営は揺るぎません。銀行が体力を失い活発な活動を出来ない時期に消費者金融は更に拡大を続けたのです。こうしてバブル後に大手の消費者金融はどこの町でも見かけるほど発展して行きました。一社が支店を出すと競いあうように競合する消費者金融が数件進出してくる様は、その時代の勢いの失せた地方都市では異様にも見えました。こんな田舎にお客なんているのかと懐疑的に見る向きもありましたが、消費者金融の決算は増収増益を繰り返していたのです。