多重債務問題の深刻化により総量規制が導入される

消費者金融の多重債務問題の深刻化を受けて総量規制が導入されました。以前から消費者金融にまつわる問題は表面化していましたが、なかなか法改正や対策は取られて来なかったのです。しかし、みなし弁済規定の改正が必要になった時に同時に総量規制も検討され導入されることになりました。消費者金融が元気であれば対向するような行動を起こせたかもしれませんが、当時の消費者金融はとてもその元気はなかったのです。総量規制で消費者金融の利益は頭を押さえ付けられることになると思われました。

 

 

しかし実際は多重債務するような人が減りリスクが低下した為、収益率は変わらないか以前より良くなりました。消費者金融にとって一番有難い利用者は融資枠をギリギリまで利用して利息の支払をしてくれる人です。総量規制によって一人あたりの債務が減りましたので、破綻する事無く利息を払ってくれる人が増えているのです。つまりは払い続けられる優秀なお得意さんが他者に流れずに付いてくれているのです。そこで、消費者金融の次なる一手はおまとめローンです。総量規制のせいで、新たな契約には限界があります。

 

しかし、他社で利息を払い続けている優秀なお客さんを獲得すれば、新たな利益になるのです。おまとめローンと言う名で借金を一本化して楽になりましょうという建前で、優秀なお客さんを獲得しようとしているのです。何とも逞しい消費者金融はこれからも無くなる事はないでしょう。